2010年07月05日

かんぺき君の工事日記・棟取り直し

phone toー(長音記号1)仲間のエクステリアの仕事をやっているヨシさんからの連絡で、ヨシさんのお兄さんの家の棟がだいぶ痛んでるとの事だよ、早速現場調査に行ったよ
IMAG0001.JPGIMAG0002.JPGIMAG0003.JPGIMAG0004.JPG
これはこれは、またひどいねがく〜(落胆した顔)もうぎりぎり限界だったね、シックイが落ちて中の土が雨に削られて流れでているよ、所々は雨が漏っているんじゃないかな〜早速お客様にお話を、「一日も早く直したほうがいいよ」の旨をお話して見積を出させていただく事にしたよ、見積は2種類、シックイ全体を塗りなおすのと、棟全体を取り直すのを出したよ、「どうせ直すのなら」と棟を取り直してくださいとの事なのでこちらの工事の日にちを調整して工事の日程の段取りをしたよ。
IMAG0015.JPGIMAG0016.JPG
案の定ひどいね、上にのし瓦が乗っかっていると分かりずらいけど、剥がしてみると、そのひどさを痛感させられるね目
IMAG0006.JPGIMAG0007.JPGIMAG0008.JPG
棟の解体作業、土が周りに飛散しないように慎重に解体していくよ、剥がしたのし瓦はどこの場所にあったか、分かるようにチョークで書いておくよ、あとはほこりなどで足元が滑りやすくなっているので、慎重に作業をすすめていくんだ。
IMAG0005.JPGIMAG0011.JPG
谷板金もだいぶ錆びていたんできているね、こちら見積もりに入れてなかったので、サービス工事にさせていただきます(ほっとけない正確なもので)わーい(嬉しい顔)やっぱり当たらしと気持ちが良いよね。IMAG0012.JPGIMAG0013.JPGIMAG0010.JPG
いつもの手順で棟取り作業を進めていくよ、やはりリフォームでも、棟は真直ぐでないと、気持ちが悪いので水糸を張って、真直ぐな棟を仕上げていくよ、作業が全て順調に行きとても綺麗にしあがったよ、これで完璧、作業日数三日、金額約三十万円前後、お客様も大変喜んでました。
posted by かんぺき君 at 09:59| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。