2011年01月25日

taiyoukou かんぺき君の工事日記瓦一体型太陽光発電システム

今回は瓦一体型太陽光発電システムを取り付けるよ、建築会社の指定でkaneka(カネカ)と言う会社の製品を使うよ、屋根の形状や発電容量の関係で軒先からパネルをつけるケースと途中からパネルを付けるケースがあるよ、今回は軒先から付けるケースだよ、まず軒先にパネルを引っ掛ける「軒先吹き上げ防止金具」と言うものをとりつけるよ、読んで字のごとくで、軒先の強い吹き上げの風にも捲れあがらないように役1mの板を4本のビスでとめているよ。
それに軒先のパネル(モジュール)を取り付けていくよ、やはり4本のビスでしっかり固定していくよ、このときのビスの締め方にはコツがあるよ締めすぎず甘すぎず、何しろ絞めすぎると上に載ってくるモジュールが下のモジュールに引っかかりずらくなるからね


一体型はこんな風になってくるよ。


posted by かんぺき君 at 08:45| Comment(0) | 太陽光発電システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。