2012年10月09日

かんぺき君の工事日記・雨漏りで困ってる編

お客様からの直接の電話がきたよ、「何か雨が沢山降降った時だけ雨漏りがしてくるから見てくれる〜?」との事、早速現場に向かったよ。

雨が漏る辺りの瓦をめくってみたよ、やはり雨水は入っていたね、雨のシミがその証拠をしっかり残していたね。

雨水が上に上っていた形跡が残っているね、原因は何だろう、でも、かんぺき君は分かっていたね、もう瓦をめくる時に気づいたんだひらめき

この屋根は何年か前に塗装を塗りなおしているんだ、屋根材を塗装した時には、約束事があって、塗装した後には、必ず屋根材の重なり部分には、塗料にきれめを入れておかなければならない、そうしておかないと、横の重なり部分から、横殴りの雨などが入り込んだ時に、下の重なりから逃げるはずの雨水が逃げ場を失って上に上がってきてしまうんだ、今回がそのケースだったねexclamation×2

瓦の重なりに切れ目を入れて処置完了、屋根材に塗装をする時は気をつけましょう、これで「かんぺき」わーい(嬉しい顔)

posted by かんぺき君 at 08:33| Comment(0) | 雨漏り修理工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。