2013年02月06日

かんぺき君の工事日記・スーパー耐震工法

DSCF0077.JPG
この屋根はこのお宅の倉庫なんだけど、やはり棟の取り直しをたのまれたよ、見てのとおり、のし瓦が、寒さで所々割れてしまっているね、この瓦は、けっこう昔の物で仕入れるのも困難なので、4段の棟を3段にして足りない瓦を補う事にしたよ、もちろんお客様には説明済みだよ目DSCF0078.JPGDSCF0079.JPGDSCF0082.JPGDSCF0083.JPG
解体作業だよ、土が凍害でボロボロになってしまっているねexclamation×2DSCF0084.JPGDSCF0085.JPG
一番上の瓦を一旦外し、瓦棒を抜くよ、耐震金具を打つためにね、DSCF0086.JPGDSCF0087.JPG
ルーフィングにも穴が開いてしまっているので、新しいルーフィングをしいて、耐震金具を打って瓦棒を打って瓦を手(チョキ)納めるよDSCF0088.JPGDSCF0089.JPGDSCF0092.JPGDSCF0093.JPG
鉄筋を二段入れて、上の段までシリコン入りの「シルガード」でのし瓦を納めて、スーパー耐震にするよぴかぴか(新しい)DSCF0094.JPGDSCF0095.JPG
スーパー耐震工法の出来上がりだよ、これで「完璧」
お客様にも「細かい所まで気が付いてやってくれて本当にありがとうございました。」と言っていただき、本当にかんぺき君達も救われるよ、結構危険だし、仕事自体もきついからね、かんぺき君からも「ありがとうございました」














posted by かんぺき君 at 09:18| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かんぺき君の工事日記・スーパー耐震工法

DSCF0073.JPGDSCF0074.JPGDSCF0076.JPG
スーパー耐震工法で、しっかり仕上がったよ、地震が来ても安心わーい(嬉しい顔)





posted by かんぺき君 at 08:49| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

かんぺき君の工事日記・スーパー耐震工法編

DSCF0022.JPG
これは「輪違い」という棟飾りなんだ、でも耐震には空間があって強度が取れないので、下の写真の「松川のし」と言う棟飾りにしたよ、もちろんお客様には説明済みだよ目DSCF0066.JPG



化粧棟の下には雪止瓦を入れるんだ、化粧棟が下にすべり落ちるのを防ぐんだ、さらに瓦の重なりの間から銅線を全枚数出して、のし瓦を吊っていくんだ目


2012年11月19日

かんぺき君の工事日記・スーパー耐震工法編



まずは、蓑甲の丸伏せ部分をやり始めるよ、銅線も全部新しく太いもので打ち直すんだぴかぴか(新しい)


鉄筋を2段おきに入れて、この棟は7段なので鉄筋は3回入れるんだ、のし瓦は全枚銅線で互いに吊るよ、普通の耐震工法なら、2段目から上は普通の茶色の土で取っていくんだけど、スーパー耐震工法は全段シリコン入りなんばんシックイで取るんだ、(スーパー耐震工法と言ってもかんぺき君が勝手に名付けてるオリジナルの工法なんだけどね、完璧を追求するとこうなるよ)
posted by かんぺき君 at 09:53| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

かんぺき君の工事日記・スーパー耐震工法編

お客様に従来の棟取り工法と現在の耐震棟取り工法の違いを説明して納得してもらうんだ耳
かんぺき君の会社も所属している「全日本瓦工事業連盟」ではこれまでに起こっている様々な震災や、台風などの自然災害に対する耐震や耐風などの実験を数多くしてきているんだ、その実験結果を元に連盟に所属する業者方々に耐震・耐風工法を指導しているんだ目
早速お客様に、耐震での工法でお願いしますと頼まれたよ。

まずは解体作業だよ、壁や、樋工事が先に済んでいたんで汚さないように気を使いながらはじめたよ、かんぺき君の工事の都合で壁や樋の業者に先にやってもらう事になってしまったので、仕方が無いんだけど本来ならば土埃や汚れが出る屋根工事を先にやったほうがいいんだ、工期を10日から13日ぐらい見ていたんで、少人数のかんぺき君の会社では仕事の調整が難しいからね、今回はわがままを聞いて貰ったんだふらふらDSCF0027.JPGDSCF0028.JPGDSCF0029.JPGDSCF0030.JPGDSCF0031.JPGDSCF0032.JPG
二階部分の撤去作業は八割がた済んだよ、帰る時は天気予報で雨の心配は無いと言っていても絶対に養生はしてくるよ、そしてお客様に「雨が降っても絶対に雨漏りの心配はありませんから!」と言ってくるんだ、やっぱりお客様ってすごく心配するからね、これでかんぺき手(チョキ)




posted by かんぺき君 at 09:00| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

かんぺき君の工事日記・スーパー耐震工法

工務店様から携帯電話あり、K様邸(近所の)から依頼で、壁を塗りなおし、樋も掛けなおしたんだけど、職人さんの言うのには、屋根の棟がえらい事になってしまっているよ、との事、早速いってみると本当に大変な事になっていたよ目


近くで見ると棟全体がこんな風にガタガタになってしまっているんだがく〜(落胆した顔)
早急に見積持ってお客様に工事の説明に行ったんだ新幹線
posted by かんぺき君 at 08:48| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

かんぺき君の工事日記・棟取り直し

phone toー(長音記号1)仲間のエクステリアの仕事をやっているヨシさんからの連絡で、ヨシさんのお兄さんの家の棟がだいぶ痛んでるとの事だよ、早速現場調査に行ったよ
IMAG0001.JPGIMAG0002.JPGIMAG0003.JPGIMAG0004.JPG
これはこれは、またひどいねがく〜(落胆した顔)もうぎりぎり限界だったね、シックイが落ちて中の土が雨に削られて流れでているよ、所々は雨が漏っているんじゃないかな〜早速お客様にお話を、「一日も早く直したほうがいいよ」の旨をお話して見積を出させていただく事にしたよ、見積は2種類、シックイ全体を塗りなおすのと、棟全体を取り直すのを出したよ、「どうせ直すのなら」と棟を取り直してくださいとの事なのでこちらの工事の日にちを調整して工事の日程の段取りをしたよ。
IMAG0015.JPGIMAG0016.JPG
案の定ひどいね、上にのし瓦が乗っかっていると分かりずらいけど、剥がしてみると、そのひどさを痛感させられるね目
IMAG0006.JPGIMAG0007.JPGIMAG0008.JPG
棟の解体作業、土が周りに飛散しないように慎重に解体していくよ、剥がしたのし瓦はどこの場所にあったか、分かるようにチョークで書いておくよ、あとはほこりなどで足元が滑りやすくなっているので、慎重に作業をすすめていくんだ。
IMAG0005.JPGIMAG0011.JPG
谷板金もだいぶ錆びていたんできているね、こちら見積もりに入れてなかったので、サービス工事にさせていただきます(ほっとけない正確なもので)わーい(嬉しい顔)やっぱり当たらしと気持ちが良いよね。IMAG0012.JPGIMAG0013.JPGIMAG0010.JPG
いつもの手順で棟取り作業を進めていくよ、やはりリフォームでも、棟は真直ぐでないと、気持ちが悪いので水糸を張って、真直ぐな棟を仕上げていくよ、作業が全て順調に行きとても綺麗にしあがったよ、これで完璧、作業日数三日、金額約三十万円前後、お客様も大変喜んでました。
posted by かんぺき君 at 09:59| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

かんぺき君の工事日記・棟取り直し工事

IMAG0001.JPGIMAG0002.JPGIMAG0003.JPGIMAG0004.JPG
いやいやパニックパニックがく〜(落胆した顔)新築の現場が6箇所もいっぺんに始まってしまったから、完全にパニックになっちゃったよ、ブログも久しぶりになっちゃったねええダッシュ(走り出すさま)今回の物件は塗装屋さんに頼まれたんだ、壁と屋根を塗装するから、棟が痛んでるから至急棟を直してくれとの事、本当は違う瓦屋さんに頼んでおいたんだけど、その瓦やさんが、今忙しくて出来るのが12月の28日にならないと出来ないって言われたんだって、そんなひどい言い方は無いよね、ある意味断ってるのかなって思っちゃうよね、だから共通の知り合いの板金屋さんを通じてこの仕事を頼まれたよ、ちょっとパニック中だけど、せっかく紹介して頂いたんだからその板金やさんの顔も立てないといけないからね、何とか無理してでもやっちゃうよ。ちっ(怒った顔)むかっ(怒り)
IMAG0009.JPGIMAG0008.JPGIMAG0005.JPGIMAG0006.JPGIMAG0007.JPGIMAG0010.JPGIMAG0011.JPG
今でこそ棟工事の専用の金具あるけど、昔はそんなものなかったから、それぞれにうまく工夫をしているねえ〜、今回棟金具を新しく打って、桟木をながしてそれにビスで棟瓦を留めていく、方法でやるよ。今回急ぎの工事のためお手伝いの人を頼んで少し大勢でやったよ、工事日数2日、工事金額30万円無事にしあがりましたよ。
posted by かんぺき君 at 16:51| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

かんぺき君の工事日記・棟取り直し工事続

IMAG0033.JPG
おっとっとなんて、たまにバランスを崩す事もあるね、足場屋さんの足場以外に自分たちでやり易い様に、少しアレンジするんだけどね、まぁ落ち着いてやる事だね。
IMAG0034.JPGIMAG0035.JPGIMAG0036.JPG
パイプの足場以外の、木の足場が自分たちで掛けた足場なんだけどね、釘で打ってあった棟瓦も今回はステンレスのビスで止めたよ、一度棟が仕上がったら、半渇きぐらいのうちに、もう一度こてで表面を慣らすよ、ひび割れがこないようね。
IMAG0037.JPGIMAG0038.JPG
これで完成、作業日数4日、工事金額30〜40万円(足場別)何より事故も無く無事に工事が終わったことに感謝するねわーい(嬉しい顔)
posted by かんぺき君 at 09:36| Comment(0) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

kannpeki かんぺき君の工事日記・棟取り直し工事

IMAG0020.JPGIMAG0021.JPGIMAG0022.JPGIMAG0023.JPGIMAG0024.JPGIMAG0025.JPGIMAG0026.JPG
わおわおわおわおー(長音記号1)これ見てこれ見てすごい勾配、勾配とは屋根の角度の事、通常の住宅の屋根は、だいたい4寸〜6寸ぐらいなんだよねー、こちら1尺2寸勾配だよがく〜(落胆した顔)ま崖だね、つるつるすべる崖の途中で仕事してるみたいだねー、今回このお宅はリフォーム屋根の棟の取り直しと壁の塗装だよ、まっ今回しっかり屋根にも足場をかけてもらったね、命がけだもんねexclamation×2案全帯もしっかり装着してるんだ。
IMAG0028.JPGIMAG0029.JPGIMAG0030.JPGIMAG0031.JPGIMAG0032.JPG
こういった屋根の場合どんな事に気を付けるかと言うと、物を落とさないようにすると言う事だね、下まで行く間に勢いが付き、どんな小さなものでも凶器になるからね、だから外した瓦もいちいち一回下に下ろしたんだよ、それと必ず安全帯を足場にかけて作業する事だね、足を滑らしたら今回は、たぶん怪我だけではすまないからね、間違いなく命にかかわってくるからね、一日目の作業が終わったけど、ものすごく精神的に疲れるね、明日も安全作業でがんばるぞ手(グー)
posted by かんぺき君 at 13:47| Comment(1) | 棟取り直し工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。