2012年10月09日

かんぺき君の工事日記・雨漏りで困ってる編

お客様からの直接の電話がきたよ、「何か雨が沢山降降った時だけ雨漏りがしてくるから見てくれる〜?」との事、早速現場に向かったよ。

雨が漏る辺りの瓦をめくってみたよ、やはり雨水は入っていたね、雨のシミがその証拠をしっかり残していたね。

雨水が上に上っていた形跡が残っているね、原因は何だろう、でも、かんぺき君は分かっていたね、もう瓦をめくる時に気づいたんだひらめき

この屋根は何年か前に塗装を塗りなおしているんだ、屋根材を塗装した時には、約束事があって、塗装した後には、必ず屋根材の重なり部分には、塗料にきれめを入れておかなければならない、そうしておかないと、横の重なり部分から、横殴りの雨などが入り込んだ時に、下の重なりから逃げるはずの雨水が逃げ場を失って上に上がってきてしまうんだ、今回がそのケースだったねexclamation×2

瓦の重なりに切れ目を入れて処置完了、屋根材に塗装をする時は気をつけましょう、これで「かんぺき」わーい(嬉しい顔)

posted by かんぺき君 at 08:33| Comment(0) | 雨漏り修理工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

かんぺき君の工事日記


これは、支持金具取り付け工事だよ、支持金具が取れないように補強板を、垂木にビスでしっかり固定して雨漏り対策もしっかりしておくよ、これをしっかりしておかないと、強い風などで、太陽光のパネルが飛ばされてしまうんだ目

これは、支持金具にパネルを載せる縦桟を取り付けたところだよ、既存の屋根に取り付ける場合は、高さの調整に気をつけないといけないね。IMAG0059.JPGIMAG0060.JPG
パネルの取り付けと配線だよ、配線を間違えたりコネクターの差込忘れが無いように慎重に進めていくよ。

モジュール(パネル)が全部取り付いたよ、モジュールの面も平に出来たね、お客様も喜んでくれたし、明日からは、地球環境のためにも、また将来の子供達のためにも、この個人発電所が活躍してくれる事を心から祈っているね。



posted by かんぺき君 at 09:11| Comment(0) | 太陽光発電システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

かんぺき君の工事日記・震災の傷跡


静岡県富士宮を震源とする地震のひがいだよ、この様なずれ方をしているのを見ると、直下型で相当持ち上げられたとおもわれるね。IMAG0058.JPGIMAG0059.JPGIMAG0060.JPG

一度持ち上げられてからの、棟はその直後に来た横揺れにもろくも簡単に崩れ落ちたと思われるね。


posted by かんぺき君 at 09:08| Comment(0) | 震災復旧工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

かんぺき君の工事日記震災復旧工事編

IMAG0097.JPGIMAG0100.JPG
これは3.11震災直後に静岡県富士宮を震源とする地震の被害だよ、棟が半分下に落ちてしまっているね、けが人が無くてよかったね、落ちてない棟も下の土が飛び出しているね、これは最初に直下型の地震が来て、棟を持ち上げてしまった事が分かるよ。IMAG0107.JPGIMAG0108.JPGIMAG0109.JPG
一旦全部解体して新しく棟をとりなおすよ。



posted by かんぺき君 at 09:54| Comment(0) | 震災復旧工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かんぺき君の工事日記震災復旧屋根工事

IMAG0112.JPG
恩師の先生からphone toがあったよ、3.11の大震災で屋根が壊れたとの事、今は高井戸に住んでいるとの事、お世話になった先生なので、早速高速を使って現場に駆けつけてみると、屋根の頂点の所の棟がばらばらに壊れていたね、瓦も古い物だしちょっと軽くしたいとの事なので、金属瓦に葺き替えることにしたよ。IMAG0115.JPG
これが工事後、見た目は今までと変わりなく和風の屋根に見えて、重量は約十分の一程度なのでこれで一安心、建築科の先生なので、何か自分の家を一生懸命改築していたよ、先生がんばってパンチ



posted by かんぺき君 at 09:35| Comment(0) | 震災復旧工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

かんぺき君の工事日記・雨漏りで困ってる続


既存のシックイは全部剥がすんだ、中の土もボロボロのところは出来るだけ剥がしておくんだ、そうしないとせっかく新しいシックイを塗っても、中の土と一緒にまたすぐに剥がれちゃうからね。




綺麗に塗りなおせたね、赤丸の部分も難しい所だけどきっちり修復できているね、これでかんぺきわーい(嬉しい顔)お客様も大満足でした。
posted by かんぺき君 at 08:42| Comment(0) | 谷替え工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

かんぺき君の工事日記・雨漏りで困ってる続

谷の修理が無事終わったんだけど、最初に現場打ち合わせに行った時に、シックイがだいぶ落ちていたんだ、なのでこの際だからシックイの工事も一緒にやったらいかがですかと、お客様にお尋ねしたところ、お願いしますと言う事なので続けてシックイの工事もやる事になったんだ、必要の無い工事は進める事は無いけど、やっておいたほうが良い工事はちゃんと説明してお客様に納得してもらった上で工事をする事にしているよ。

赤の→の所はまだシックイが残っている部分、青の→の所がシックイが剥がれ落ちた部分、シックイが剥がれ落ちて土がむき出しになっているね、この土が雨で流れ落ちて雨漏りの原因になるんだ、だからなるべく早く無理直しをすすめるよ。

posted by かんぺき君 at 08:25| Comment(0) | 谷替え工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

かんぺき君の工事日記・雨漏りで困ってる続




どうして谷板金の下にルーフィングが入ってなかったのか、これが雨漏りの大きな原因になっているんだけどね、しっかりルーフィングを入れておけば、間違って雨が中に入っても屋根裏に漏らないでルーフィングの上を流れて軒先まで出てしまうのにね、そのためのルーフィングだもんね。

ちょっと分かりずらいけど赤く丸をした部分に谷面戸というスポンジのようなものが貼り付けてあるよ、瓦をその上に納めて行くんだけど、瓦には低いところと高いところがあるからその隙間を埋めるためのものだよ、そうすれば多少の吹き降りでも雨が飛び込む事はないんだ。


瓦も真直ぐに全部切りなおしたよ、これで谷の部分は完璧だねわーい(嬉しい顔)
posted by かんぺき君 at 08:47| Comment(0) | 谷替え工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

かんぺき君の工事日記・雨漏りで困ってる



雨漏りの原因を究明するのは結構大変な事なんだ、今回も今までのケースだとこの銅板で出来ている谷の板金に穴が開いていると思ったんだけど、結構コーキングで補修してあって穴など開いていなかったんだ、でさらに詳しく調べた結果谷板金の下にルーフィングが入ってない事が分かり、瓦も真直ぐに切ってないので瓦を切りすぎた所は風雨の時などは完全に中に雨水が飛び込んでいるね、まずは原因が分かったので、どうゆう工事をするかお客様にせつめいしたよ、谷板金の周りの瓦を全部剥がして谷板金も全部剥がし新しい板金と取り替えるよ、下にはルーフィングを敷くんだ、そして瓦を真直ぐに切りなおすよ。
posted by かんぺき君 at 18:08| Comment(0) | 谷替え工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かんぺき君の工事日記・雨漏りでこまってる

携帯電話某ハウスメーカーの監督さんよりもうやだ〜(悲しい顔)かんぺき君、私の実家がえらい事になっちゃってるさ、ちょっと見てやってくれるケーとの事、早速いってみると車(RV)

重症だね、ここ2〜3年なんてもんじゃないねかなり長い間漏っていたね。
posted by かんぺき君 at 09:05| Comment(0) | 谷替え工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。